監理職 一垣貴真
 
家のことならお気軽にお問い合わせください
TEL 0855-95-0220
受付時間/平日8:00~17:00
クリックするとメールフォームがひらきます

監理職 一垣貴真

Q1.今の仕事をしようと思ったきっかけは何ですか?
小学生の頃、実家の増改築の工事をしているのを見たときに建物が新しく作り変わっていく姿を見たときにとても感動を受けました。建物が出来上がっていくところを間近で見てみたいと思うようになりました。
そこで将来、建築業界に就職してみたいと思うようになりました。
中でも現場監督を選んだきっかけとして建物が出来上がっていく様子が近くで見ることができ、現場に数多くの時間携われることができる仕事なので今の仕事を始めました。
Q2.今の職種の面白さ、好きなところ、魅力を教えてください
現場監督という仕事は建物が設計図通りに建物をつくるために施工方法や施工手順を決め、職人さんを指示して工事を管理することが主な仕事です。
この仕事の面白いところは何もないところから建物が出来上がっていく様子を間近で見ることができるところです。
また、自分のこれまで勉強してきたことや経験、技術をいかして仕事を進められることができるのもこの仕事の魅力の一つです。

一垣貴真

Q3.今の職種のしんどいところを教えてください
現場監督は仕事内容をこなすだけでなく作業員全員とのコミュニケーションをとることも重要な仕事になっています。
建物を建てる際、工事期間があってその工事期間内に完成させないといけないので、たとえ技術で高いスキルがあったとしても作業員とのコミュニケーションが円滑でない場合は工事が予定通りに進まないことがしんどいところです。
Q4.これまでどんな資格を取得されましたか?またどんな資格にチャレンジしていますか?
大学4年生の頃に採石業務管理者という資格を取得しました。
また、現在1級・2級建築施工管理技士という資格にチャレンジしています。
この資格は建築工事現場で工事の指揮・監督を行い、設計通りに工事が行われているかを施工管理することが主な仕事となるので現場監督業務をするにあたり必要不可欠な資格です。
Q5.あなたにとってのプロの仕事とはなんですか?
プロは常に向上心をもって仕事に取組む姿勢がある人をプロという。
「できるかどうかわからないけど、とにかくやってみよう」とか、「自分がどこまでできるのか試しにやってみよう」などという考え方ではなくたとえどんなに困難な状況におかれていたとしても、「絶対に成功する方法をみつけよう」と自ら見つけ出して行動し、自らの行動に責任が取れることができる人がプロだと思います。
Q6.最後に、いま将来の仕事選びに悩んでいる若い方にアドバイスをお願いします
仕事を選ぶ際にまず、最初に好きなことを仕事にしようと考えますが、好きなことを仕事にするということは簡単なことではないと思います。
もし、好きなことを仕事にすることが難しかったら好きなことに関わる仕事を選んでみてください。
そうすれば仕事選びの可能性が広がっていくと思います。
家のことならお気軽にお問い合わせください
TEL 0855-95-0220
受付時間/平日8:00~17:00
クリックするとメールフォームがひらきます